和室

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界一簡単な英語の本(向山淳子著)

<<   作成日時 : 2004/12/04 02:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」を読んだ。

本に書いてある通りに、繰り返し読むところは繰り返し読んだんで、
ちょっと時間がかかりました。
素直なんです、ぼく。

コレは会社の年配の人にススメられたもの。
「英語の初心者にはこれがいいよっ」って。
学校で習う英語の考え方じゃない方法で、英語を説明しようとしている本。

主語を主役、
述語を脇役、
動詞を→(やじるし)とか。

すんなり入り込めずに、頭の中で知っている言葉に置き換えてしまう。
というか、なぜ主語や述語ではだめなのかよくわからない。

それと化粧品とか接着剤とか書かれているが、残念ながら
その見分け方が書かれていないんだなー。


しかし。
・「be動詞」は=(イコール)の意味として考える
・(動詞+前置詞などを)熟語として覚えるのではなく、
 動詞は動詞、前置詞は前置詞として、分けて意味を読み取る
というのはかなりメカラウロコな出来事だった。

この本に書かれている通り、英語の本を読む目的は英語の勉強のため
ではなく、むしろ英語の勉強は、楽しく英語の本を読むため。

受験用ではなく、ペーパーバックなどを読めるようになりたい人で
英語の初心者にはオススメかも。
また少ししたら読み返してみたいな。
(そんな本ばっかりだなー、いつ読み返せるかな。)
ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界一簡単な英語の本(向山淳子著) 和室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる